RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

ブログ医学研究所

健康、美容、医療、アンチエイジングに関する話題をブログで提供していきます。
<< 富士山世界文化遺産 三保の松原は必要不可欠 | main | やけど虫にご注意を >>
熱中症に要注意
0
    今年はやたらと梅雨明けが早かったですね!
    関東甲信越地方では7月6日に梅雨明け宣言が出され、なんと
    例年より19日も早い!
    そして途端に猛暑が続いています。

    なんと熱中症で救急搬送された人が5月27日〜今月7日の
    6週間で7091人に上り、昨年の同時期の約2.4倍だっ
    たことが総務省消防庁のまとめでわかりました

    このうち7人が死亡し、162人が重症。都道府県別で多かった
    のは、愛知県の515人、大阪府の509人、埼玉県の387人、
    東京都の386人だそうです。 

    熱中症になるメカニズムは気温が体温より高くなると、空気中への
    熱の放出が難しくなるため、体温調節は汗をかくことに頼るように
    なります。

    しかし、気温が高いばかりでなく、湿度も75%以上になると、汗を
    かいても流れ落ちるばかりでほとんどほとんど蒸発しなくなってしまい
    そのため、発汗による体温調節ができなくなってしまいます。

    熱中症は、こうして体温を調整する機能がコントロールを失い
    、体温がグングン上昇してしまう機能障害で、実は、炎天下ばかりでなく、
    室内で静かに過ごしていても起こってしまうのですね!!

    実際、高齢者が室内で熱中症になって倒れているのを発見されるという
    ケースも少なくないですからね。

    とにかくこまめに水分補給を忘れないようにしてください。
    | 医療 | 09:30 | - | - | - | - |